【SALE/70%OFF】 小松ちりめん 特選正絹長襦袢 波 水色 幅広く御召いただける 訪問着から小紋まで 古典 重宝のお品

【小松ちりめん】特選正絹長襦袢「波・水色」重宝のお品!訪問着から小紋まで、幅広く御召いただける!

17820円,【小松ちりめん】特選正絹長襦袢「波・水色」重宝のお品!訪問着から小紋まで、幅広く御召いただける!,レディースファッション , 和服 , 和装下着・足袋 , 長襦袢,/collectivism720757.html,smokesignals.pt 17820円 【小松ちりめん】特選正絹長襦袢「波・水色」重宝のお品!訪問着から小紋まで、幅広く御召いただける! レディースファッション 和服 和装下着・足袋 長襦袢 小松ちりめん 特選正絹長襦袢 波 水色 幅広く御召いただける 訪問着から小紋まで 古典 重宝のお品 小松ちりめん 特選正絹長襦袢 波 水色 幅広く御召いただける 訪問着から小紋まで 古典 重宝のお品 17820円,【小松ちりめん】特選正絹長襦袢「波・水色」重宝のお品!訪問着から小紋まで、幅広く御召いただける!,レディースファッション , 和服 , 和装下着・足袋 , 長襦袢,/collectivism720757.html,smokesignals.pt 17820円 【小松ちりめん】特選正絹長襦袢「波・水色」重宝のお品!訪問着から小紋まで、幅広く御召いただける! レディースファッション 和服 和装下着・足袋 長襦袢

17820円

【小松ちりめん】特選正絹長襦袢「波・水色」重宝のお品!訪問着から小紋まで、幅広く御召いただける!



◆最適な着用時期 10月~翌年5月の袷頃

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン フォーマル、セミフォーマルシーンの内側のお洒落に

◆あわせる着物 訪問着、付下、色無地、小紋、御召 など

絹:100%
長さ13.5m 内巾:37cm(裄70cm前後まで)
白生地:小松ちりめん地
【 仕入れ担当 中村より 】
シンプル、定番の一品!
地紋に織り出された意匠の風合いに、優彩のぼかし。
一番重宝していただけるお品かと存じ上げます!

生地も国産の小松ちりめん地を使用しております!
お目にとまりましたら是非ご検討くださいませ。


【お色柄】
さらりとした質感の小松ちりめん地。
波のような意匠が織りだされたその地を、
白緑色を基調として白色で暈し染め上げました。

すっきりシンプル、優彩のデザイン。
訪問着や付下、小紋から御召などに。

お手元でご愛用いただけましたら幸いでございます!
お仕立て料金
衿芯・半衿1,100円+居敷当2,200円+海外手縫い仕立て17,600円(全て税込)
※国内手縫い仕立て+4,400円(税込)
[文責:張 卉青]

▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

【小松ちりめん】特選正絹長襦袢「波・水色」重宝のお品!訪問着から小紋まで、幅広く御召いただける!

伝統産業を応援する求人情報サイト

今、日本の多くの伝統がライフスタイルの変化や後継者不足などによって途絶えようとしています。

でも、伝統の中には面白くてワクワクするものがたくさんあります。
私たちが今楽しめているものを未来へ繋ぐことが出来るように、四季の美は日本の伝統産業を応援していきます。

求人情報はこちら
古典

解説|いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重に匂ひぬるかな|百人一首|伊勢大輔の61番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、伊勢大輔の下記の和歌。 「いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重に匂ひぬるかな」 今回は上記の伊勢大輔の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人...
古典

解説|大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立|百人一首|小式部内侍の60番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、小式部内侍の下記の和歌。 「大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立」 今回は上記の小式部内侍の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|やすらはで寝なましものをさ夜更けて かたぶくまでの月を見しかな|百人一首|赤染衛門の59番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、赤染衛門の下記の和歌。 「やすらはで寝なましものをさ夜更けて かたぶくまでの月を見しかな」 今回は上記の赤染衛門の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
Sponsored
古典

解説|有馬山猪名の篠原風吹けば いでそよ人を忘れやはする|百人一首|大弐三位の58番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、大弐三位の下記の和歌。 「有馬山猪名の篠原風吹けば いでそよ人を忘れやはする」 今回は上記の大弐三位の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 百人...
古典

解説|めぐり逢ひて見しやそれとも分かぬ間に 雲隠れにし夜半の月影|百人一首|紫式部の57番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、紫式部の下記の和歌。 「めぐり逢ひて見しやそれとも分かぬ間に 雲隠れにし夜半の月影」 今回は上記の紫式部の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|あらざらむこの世のほかの思ひ出に いまひとたびの逢ふこともがな|百人一首|和泉式部の56番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、和泉式部の下記の和歌。 「あらざらむこの世のほかの思ひ出に いまひとたびの逢ふこともがな」 今回は上記の和泉式部の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|滝の音は絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞こえけれ|百人一首|大納言公任の55番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、大納言公任の下記の和歌。 「滝の音は絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞こえけれ」 今回は上記の大納言公任の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|忘れじのゆく末まではかたければ 今日を限りの命ともがな|百人一首|儀同三司母の54番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、儀同三司母の下記の和歌。 「忘れじのゆく末まではかたければ 今日を限りの命ともがな」 今回は上記の儀同三司母の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います。 ...
古典

解説|嘆きつつひとり寝る夜の明くる間は いかに久しきものとかは知る|百人一首|右大将道綱母の53番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、右大将道綱母の下記の和歌。 「嘆きつつひとり寝る夜の明くる間は いかに久しきものとかは知る」 今回は上記の右大将道綱母の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います...
古典

解説|明けぬれば暮るるものとは知りながら なほ恨めしき朝ぼらけかな|百人一首|藤原道信朝臣の52番歌の意味と読み、現代語訳、単語

小倉百人一首にも収録されている、藤原道信朝臣の下記の和歌。 「明けぬれば暮るるものとは知りながら なほ恨めしき朝ぼらけかな」 今回は上記の藤原道信朝臣の和歌について、意味や現代語訳、読み方などを解説していきたいと思います...